セクシャルウェルネスワークショップ in 沖縄WSのお知らせ

愛の対話をする人が増えたらいいな

(スポンサーリンク)

目次

愛することを恐れ、避ける人の多いことよ

普段はさほど
コネクトしていないと思っていても

お互いの共有時間は短いと思っていても

分かち合えない相手だと思っていても

ご縁があるものを
ないことにはできない。

ご縁とは自然。
自分でコントロールはできない。

あるものをないものにしてしまうほど
寂しい、切ない、もの悲しいというような感情は追ってくる。

幸せを長く感じていたいなら
ないものだとフタをするのではなく
ただ、ただ、愛すればいい。

思う存分愛するだけで
関わりも状況も関係性も変化する。

世の中には
愛することを恐れ、避ける人の多いことよ。

ただ、愛するだけ。
目の前の現象、言動、見えるものだけにとらわれずに。

愛するとは
認められようとすることでも
役に立とうとすることでも
愛されようとすることでもない。

自分の魂が喜んで
心の温度が2度あがるような あったかいこと。

思考を自ら変えたくたるような対話

「男性性」と「女性性」とは? 実はよくわからない、、、と言われます。

どちらも自分の中にあって
例えば、行動力やカタチにする力などは男性性の得意な分野と言えます。

自分の中のその奥には、覚醒、自尊心、表現力などが関わっています。

なのでね、どんどん行動していきたいときは
自分の中の自尊心、つまり自分を尊ぶことを意識して大切に扱っていくことが
自分の背中を押し、行動につながったりするんです。

女性性とは
感情を味わいきったり、相手を慈しんだり、本質を見ようとする目を養うこと、、、

つまり、好きなことを選ぶ選択の力や
すべてを受け入れ、見守り、母が子を思うような命を慈しむ感覚を持つこと、

そこから見える景色、現象など、
全体的に捉える力を養うことを大切にするとものごとの本質が見えてきたりするのです。

これらは女性の方が得意だと言われてます。

自分の中の男性性も女性性も、
どちらも磨き、伸ばすきっかけやヒントになることにパートナーシップを深める!があります。

相手の素晴らしいところを取り入れていくのです。

パートナーシップを深めると
何故かビジネスもうまくいく!と言われているのはそんな所以もあるのです。

ラブ開花コースでは、あらゆる方向から自分をしあわせにする方法をあなたと話します。

関わり方を変えるには、そもそもある思考を変えること。
ですが変容に勇気や手放しは必要ありません。

なぜなら、思考を自ら変えたくたるような対話を、あなたと紡いでいくからです。

りんごろ

最後まで読んでくれてありがとう
あなたに送る
「Lovelife Message」への登録▼もお待ちしています♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次