キッチンにたてば整う

(スポンサーリンク)

目次

お弁当作りがあったから

18年の子ども達のお弁当生活、12月1日の今日で終わりました。

ずっとずーっとこだわってきたのは
どんなに簡単なものでも、わたしの手を加えるということ。

なるべく手作りで!を心がけてきました。

お弁当はわたしにとって
子ども達との言葉のない対話だから。

かけがえのない関わりだったのです。

あとね
成長期の食を担ってるというか
人の大切な期間の身体作りと思うと、力が湧き出たというか。
  

お弁当作りがあったから
寒い冬も
あったかいお布団から出れました。

ケンカした日も
お弁当で仲直りができると思えました。

眠れない夜を過ごした朝、
一升炊きの炊飯器からの出来立てご飯の香りに元気をもらいました。

500g以上のお肉が入ったフライパンを
毎日毎日、来る日も来る日も 揺らすことで
「こんなことしてる人、そうそういないよな」とひとり笑いが込み上げてきたりね。

キッチンに立てば整う

キッチンに立てば整う、というのかな。

貴重な朝時間を
子ども達のおかげで過ごすことができました。

そして
そして
本当に
本当に
おつかれさま。

まさみさんよく、がんばりました! まる。
  

そして!!!!!
今日だけは自慢させてください。

思いがけず、娘から労ってもらっちゃいましたー(涙)

まさみ、涙腺崩壊です!

やりたいことを
やりたいように
自分に必死に望ませてあげると
こんなご褒美がやってくるんだね。

感無量です。

りんごろ

読んでくれてありがとう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次