2拠点生活、子ども達はどうしてるの?

(スポンサーリンク)

目次

大間違いなわたし

「2拠点生活、子ども達はどうしてるの?」
よく聞かれることなので。

長男も次男坊も
ハタチを過ぎているので問題なし。

そんな兄’Sが側にいるし、
娘も高校生になったし、
友だちとも仲良いし、彼もできたし、大丈夫だろう!!!

考えていたら大間違いだったーーー

LINEは「しくしく」と「プンプン」の嵐、
『ママは何を考えてるの!!!』といつも叱られた。

困惑と信頼と涙ポロリを繰り返しながらも
罪悪感は持たないように心がけていたある日

・・・

・・

娘の言動がピタリと止んだ。

台風の後の静けさのような???

1時間くらいの号泣

後日、聞きました。

娘が次男坊に
わたしのことをブーブー言っていた時

次男坊は言ったそう。。。

「でもな、ママは 女手一つで、俺達をずっと大切に育ててくれたやん。」

そのとき娘は
1時間くらい号泣したそう。

わたしはと言うと、、、

娘の「しくしく」、「プンプン」も 意見も
直接、面と向かって言えることを
ある意味、素晴らしいとも思っていて

順調な思春期、
成長だとも思ってました。

失くす傷みを知る君たちは

でもね
ほんとは
うちの子たちだから、わかるんだ。

わたしに
「非常識だ!」って言いたいんじゃない。

楽しいときに

寂しいときに

嬉しいときに

泣きたいときに

ただ、
側にいることもできなくなることへの

切なさなんだよね。

愛するってそういうことだよね。

今まであった愛を
失くす傷みを知る君たちは

温もりと新たな愛を掴んでいくだろうって
母は祈りつつ、信じてるんだ。

でもその夜は
母も
お布団の中で号泣でした。

新たに前に進むってそういうことだよね。

その時に
互いの想いを知る必要がちゃんとある。

今は笑顔でそう言えます。

写真は12年前。

小さな頃から
子ども達だけで飛行機乗せてたの。
(ジュニアパイロットってやつね)

りんごろ

読んでくれてありがとう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次